【2017】台風1号が発生?日本への影響など最新情報まとめ!

2017年4月26日の朝に台風1号が発生したとのニュースがありました。

 

 

これから梅雨に入っていき、もっと台風が発生していくでしょう。

 

 

そんな台風1号についてや日本への影響などの最新情報をまとめてきました!

 

 

スポンサーリンク

例年の台風状況

 

 

taihuu2017

引用元:http://apo-comi.jp/blog/?p=66

 

 

今年、2017年は4月26日に台風1号が発生しましたが、例年と比べるとどうなっているのでしょうか。

 

 

実は今年は昨年に比べるとまだ早いですが、例年に比べて台風の発生が遅いです。

 

 

2016年は台風1号が7月に発生とかなり遅かったのですが、2013~2015年は1月、2012年は3月に発生しています。

 

 

台風1号が発生する時期は毎回ある程度決まっているのかと思っていましたが、意外にもバラバラなことがわかりました。

 

 

毎年台風の強さなどが違うのですが、2017年の台風1号はどのようになっているのでしょうか。

 

 

2017年の台風1号

 

 

6日の朝9時に台風1号が発生しました。

 

 

場所はフィリピンの東の方で名前を「ムイファー」と言います。これはマカオが用意した名前で「梅の花」を意味します。

 

 

台風1号の現在の中心気圧は1002hPa、中心付近の最大風速は18m/s、最大瞬間風速は25m/sで西北西の方角へ向かっています。

 

 

これは米軍JTWCの台風1号の最新進路情報です。

 

 

2017 aaa

引用元:http://www.usno.navy.mil/JTWC/

 

 

これを見る限り、明日あたりから北西から北東に方向を変え進んでいくと考えられます。あす、27日がピークで29日には消えていくと考えられます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

台風1号の日本への影響

 

 

気象庁が出している台風1号の進路情報がこちらです。

 

 

all-00 (1)

引用元:http://www.jma.go.jp/jp/typh/

 

 

こちらと先ほどの米軍JTWCの出している台風1号の進路情報を照らし合わせてみると、どうやら日本にはぶつからないと考えられるので、日本列島への影響はなさそうです。

 

 

硫黄島の南側を通って消えていきそうですね。

 

 

しかし、今後進路を変える可能性や台風が今より激しくなる可能性も十分に考えられますので、注意が必要です。

 

 

また、台風が温帯低気圧に変わっても大雨や強風、高波などの激しい現象が発生するおそれが十分にありますので、気象情報をよくチェックすることをおすすめします。

 

 

まとめ

 

 

26日朝9時にフィリピンの東で台風1号が発生しました。米軍JTWCの台風進路情報や気象庁の台風進路情報を参考にすると、どうやら日本への影響はあまりなさそうです。

 

 

しかし、今後進路を変える可能性もありますので、気象情報をよく見ておいてくださいね!

 

 

変化があればまた追記していきます!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ