【行列】オースティン・マホーンが来日!実は過去にいじめを経験?

4月23日の「行列のできる法律相談所」でオースティン・マホーンがブルゾンちえみと初共演を果たします。

 

 

オースティン・マホーンといえばブルゾンちえみのネタで使われている曲を歌ってることで一躍有名になりましたよね。

 

 

しかし、実は過去にいじめを経験しているとか。そんなオースティン・マホーンについて詳しく調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

オースティン・マホーンとは

 

 

s-austinmahone

 

引用元:http://tsunebo.com/austin-mahone

 

 

名前:Austin Mahone(オースティン マホーン)
生年月日:1996年4月4日
年齢:21歳
出身:アメリカ テキサス州サンアントニオ
身長:178cm

 

引用元:https://ja.m.wikipedia.org/

 

 

オースティン・マホーンとはアメリカの歌手でなんとまだ21歳という若さです。

 

 

元々歌手だったわけでなくyoutube celebrityという動画投稿サイトによって有名になり、そこからデビューしました。

 

 

日本でもニコニコ動画などから歌手としてデビューする人がいますが、それと同じ感じですね。

 

 

デビューしてからはテイラー・スウィフトのレッドツアーやブリジット・メンドラーのサマーツアーのオープニングアウトに抜擢されるなど、すぐに注目されていました。

 

 

日本ではあまり有名ではありませんでしたが、ブルゾンちえみwithBのネタでオースティン・マホーンの曲が使われ、有名になりました。

 

 

オースティン・マホーンのあの曲

 

 

ブルゾンちえみといえば、横に同じ事務所の後輩芸人ブリリアンを従えている風にし、自身を”できる女”キャリアウーマンとして演じるネタが有名ですよね。

 

 

そして、そのネタに使用されている曲がオースティン・マホーンの「dirty work」です。

 

 

 

 

日本語にすると「汚い仕事」「いやらしい仕事」という意味になります。

 

 

どういう歌なのか気になる人もいるかと思いますので、歌詞と和訳を少しご紹介します。

 

 

It’s the dirty work
Somebody’s gotta do it
Dirty work
So we’re getting into it
Dirty work
Go and get your body moving
You know it ain’t no nine to five
We’re going sundown to sunrise
Dirty work
Dirty work

いやな仕事さ
誰かがやるだろう
いやな仕事さ
だから俺たちがやるのさ
いやな仕事さ
身体を動かして
9時-5時の仕事じゃないのさ
日没から日の出まで
いやな仕事なんだ

 

引用元:http://caffe.takat33.com/2017/02/dirty-work-austin-mahone.html?m=1

 

 

汚い仕事というよりはしんどくてハードな仕事を連想させますね。

 

 

実はもう1つ違う解釈があるのですが、ここでは触れないでおきます(笑)

 

 

そんな「dirty work」がついにiTunesで1位を獲得しました。

 

 

現在最も注目の歌だと言っても過言ではないですね。

 

 

そんな「dirty work」を歌うオースティン・マホーンですが、実は過去にいじめを経験していたようです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

オースティン・マホーンは実はいじめを受けていた?

 

 

オースティン・マホーンは先程にも紹介したようにyoutube celebrityという動画投稿によって有名になりました。

 

 

しかし、youtubeに動画を投稿していたことがいじめの原因になり、学校全体から笑いものにされていたそうです。

 

 

オースティン・マホーンが動画投稿をし始めたのが14歳からなので、中学生の頃の話かと思われます。

 

 

目立つことをしていたからいじめの対象にあったとオースティン・マホーンは考えており、学校にはまったく戻りたいと思わないと言っています。

 

 

残念ながら、日本でも小中学生の頃はみんなと違うからといった理由でいじめに遭う子がいますが、どこの国でも似たようなことがあるみたいですね。

 

 

しかし、オースティン・マホーンは

 

 

「もしいじめに遭っているなら、友達と一緒に過ごして気を紛らわすんだ。そして、友達に話を聞いてもらって、一緒に乗り越えてもらうんだよ。だって、それが友達のやることだろ?」

 

 

といじめられた時のアドバイスをしています。

 

 

自分を大切にしてくれる人が1人でもいるならそういう人達をしっかり頼ること、それがオースティン・マホーンの信念なんでしょう。

 

 

いじめという辛い経験を乗り越えて今こんなに有名になるなんて人生何があるかわからないですね!

 

 

まとめ

 

 

今回、ブルゾンちえみのネタの曲を歌っているオースティン・マホーンが「行列のできる法律相談所」でブルゾンちえみと初共演します。

 

 

そんなオースティン・マホーンにはいじめられていた経験がありました。

 

 

しかし、そんな辛い過去を乗り越えて今歌手として有名になりました。これからもより活躍できるように応援しています!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ