キッズウィークが来年4月導入!サービス業の待遇はどうなるの?

政府がプレミアムフライデーに続き

来年4月より「キッズウィーク」

という大型連休を創設することが

わかりました。

 

 

子どもと大人が同じタイミングで

休みを取れるようにするみたいですが

サービス業などの

なかなか休めない方の待遇は

一体どうなるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

キッズウィークとは

 

 

キッズウィーク

引用元:https://tr.twipple.jp/h/99/fd/キッズウィーク.html

 

 

キッズウィークとは全国の地域ごとに

小・中・高校の夏休みなどの

長期休暇の一部を他の平日に分散させ、

夏休み以外でも長期休暇を取れる

ようにする制度です。

 

 

キッズウィーク2

引用元:http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3057252.html

 

 

例えば、夏休みの最後の週の

平日5日間を短縮し

別の月の平日5日間に短縮した

分を組み込むことで

前後の土日を合わせて

最大9日間の休みを確保することが

できるということです。

 

 

この休みの間は大人も休みをとれる

ようにすることで

様々なところに出かけることができ

地域活性化にも繋がるとのこと。

 

 

最近では電通の件もあり

働き過ぎを改善しようと

政府も試みているようですね。

 

 

たしかに一見良さそうに見える制度

ですが中には対象外になりうる

業種の人たちも出てきます。

 

 

キッズウィークでサービス業は待遇悪化?

 

 

なんといってもサービス業の方たちに

とっては関係ないように

感じられますよね。

 

 

キッズウィークを導入することで

地域の活性化も促しているのに

 

サービス業の方たちまで休んで

しまったらどこにも出かけることが

できなくなります。

 

 

そのためキッズウィークを導入すると

むしろ、サービス業の方たちの

業務がより忙しくなってしまい

 

労働者の過労問題が

より深刻になることが懸念されます。

 

 

実際今年の4月から導入された

プレミアムフライデーに関しても

 

実施されたのは

一部の大企業などであり、

 

サービス業の方たちには

もっと働けと言わんばかりの結末に

なりました。

 

 

現在キッズウィークの制度について

の詳細については発表されていません

が、サービス業など休みの日に

休めない方たちの待遇について

 

考えられるのはやはり

サービス業には関係なし

といった方針になりそうですね。

 

 

安倍首相が自ら24日に

キッズウィークについて

発表予定であり

来月から具体的な議論を始める

方針ですので

また新しい情報が入り次第

追記していきたいと思います。

 

 

追記

 

結局キッズウィークを導入する

考えを表明しただけで

サービス業の方たちが

どうなるのかについては

言及しませんでした。

 

そろそろ国民の声にも

耳を傾けてほしいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

キッズウィークのネットの反応

 

 

このキッズウィークについて

ネットでは批判的な意見が

多く見られます。

 

 

 

 

 

 

政府も政府なりに考えているのは

理解できますが

もう少し国民の働き方などについて

知る必要があると思います。

 

 

このキッズウィークでは

プレミアムフライデーで改善

されなかった

普段休めないサービス業の方などの

働き方や待遇についても考慮される

ことを願います。

 

 

まとめ

 

 

来年4月より導入されるキッズウィーク

がサービス業の方などに関係がない

ものになるのではとネットでも

かなり批判的な意見が多いです。

 

24日の教育再生実行会議

でも肝心なところについては

言及されず

このままではプレミアムフライデー

と同じ失敗を繰り返しそう

ですね。

 

これからの方針にも

注目していきたいとおもいます。

 

関連記事

キッズウィークによるメリットとデメリットとは?ネットの反応も!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ