マストドンには危険性があり?利用者の口コミまとめ!

現在、ネットで話題になっているのがマストドンというSNSです。

 

 

twitter上でもすでに60000件を超えるツイートがされるほど注目されています。

 

 

そんなマストドンを実際に利用している人の口コミをまとめていきたいと思います。

 

 

中には危険性を示唆している人も?詳しく書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

マストドンとは

 

 

マストドン

 

引用元:http://munesada.com/2017/04/13/blog-9885

 

 

マストドンとは、自由でオープンソースなtwitterライクなサービスとなっています。

 

 

※最初に予備知識として、マストドンではつぶやきをトゥート、リツイートをブースト、サーバーをインスタンスと呼びます。

 

 

作った人はドイツに住むEugen Rochkoという24歳の若者だそうです。

 

 

マストドンではtwitterとは違い、広告や行動追跡がなく、最高500字まで投稿することができます。

 

 

さらに、インスタンス毎にIDを作るので、1つのインスタンスがなくなっても別のインスタンスで楽しむことができます。

 

 

日本にもっと普及した際には、アニメ好きのインスタンス、スポーツ好きのインスタンスなどを立ち上げて、同じ趣味の人同士でコミュニケーションをとったりすることができる可能性がありますね。

 

 

これからが期待できるマストドンですが、

 

 

登録方法や使い方については

 

 

マストドンというSNSが大流行?登録方法や使い方まとめ!

 

 

こちらで紹介しています。

 

 

マストドンの口コミ

 

 

現在すでにマストドンを利用している人が多くいるのですが、使い勝手などはどうなのでしょうか?

 

 

 

現在twitterでは実装されていない機能がマストドンでは実装されていたりと、機能については高い評価を受けているように思います。

 

 

ただ、まだ実装したばかりのサービスなので、インスタンスへの負荷が重いようですね。

 

 

しかし、これからメンテナンスを重ねていけばインスタンスが重くて落ちるなんてことがなくなり、

 

 

もしかしたらtwitterよりも普及することがあるかもしれませんね。

 

 

ネットではマストドンがこのように話題になっていますが、中にはマストドンの危険性を示唆している人もいます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

マストドンの危険性

 

 

マストドンでは、だれでもインスタンスを設立することができるので一企業が独占状態になることを解消できるので、一見よく感じられますが、そこに危険性があります。

 

 

誰でもインスタンスが作れるということは悪意のある人が作った場合に簡単にそのインスタンスに登録した人のパスワードとメールアドレスを抜き取ることが可能だということです。

 

 

すでに被害者も出ているようです。

 

 

この方は賢かったので、パスワードを普段使わない言葉で設定していたからよかったものの、

 

 

どのサイトも全部同じパスワードで設定していたら、色々と悪用されていたかもしれません。

 

 

現在では人気のインスタンスは負荷が重いですが、だからといって適当にインスタンスを選ばず、慎重に選んでくださいね。

 

 

マストドン登録したいけどまだ登録しなくていいと思う人は、もうすこし普及して安全なインスタンスが設立されてから登録することをおすすめします。

 

 

まとめ

 

 

今回、話題になっているマストドンの口コミや危険性についてしらべました。

 

 

実際にマストドンのインスタンスをつくって悪用している人がいるみたいなので、ぜひ気を付けてください。

 

 

対策としてはパスワードはインスタンス毎に適当な言葉にするようにしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ