月恐怖症が怒り新党で話題に!その理由や原因は一体何なのか?

2016年10月19日(水)の23時15分から放送されたマツコ&有吉の怒り新党で月が恐いという月恐怖症が取り上げられていました。

 

 

 

月が恐いって初めて聞いたのですが、一体どのようなものなのでしょうか?

 

 

 

また、なぜ月が恐いと感じるようになるのでしょうか?

 

 

 

詳しく書いていきたいと思います!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

月恐怖症ってどんなもの?

 

 

 

2356d483414c-4dee-44e1-a4ab-f30e205ecc63_l

引用元:https://retrip.jp/tags/お月見/

 

 

 

高いところが恐くなる高所恐怖症と同じように、単純に月を見ると恐くなり外出を避けたりするようです。

 

 

 

他にも、月が落下してくるのではないかと考えたり、自分が何か恐ろしいことをしでかすのではないかといった恐怖に襲われることもあるそうです。

 

 

 

中には、夜に月を見て恐くなり、ダッシュで帰る人までいるそうです。

 

 

 

ここまでいくと、生活にも支障が出るレベルなので大変ですよね。

 

 

 

ちなみに、月の裏側を見ると何か不安になったり、恐くなったりするのとは違います。

 

 

 

こちらが月の裏側なんですが、月の裏側の大量のクーデターを見ると不安になるのは集合体恐怖症というものです。

 

 

 

個人的には月の裏側を見ると、恐くなったり、気持ち悪くなるのはわかるのですが、空に出ている月を見ると恐くなる感覚があまりわかりません。

 

 

 

一体なぜそのようなことが起こるのでしょうか?

 

 

 

月恐怖症の理由や原因とは?

 

 

 

はっきりとした原因はわかりませんが、暗闇に浮かぶ輝かしい月を見ることで、感情が乱れることがあります。

 

 

 

元々、月には陰の気というものがあると言われています。

 

 

 

そして、特に満月を見ると、注意力が散漫したりすることで交通事故が増加したりすることもあります。

 

 

 

しかも、女性の方が月の影響を受けやすいようです。

 

 

 

女性にも陰の気があるからだそうです。

 

 

 

陰の気がより強くなってしまうんですね。

 

 

 

スピリチュアルな話になってしまいましたが、実際にこのようなことが起こっています。

 

 

 

今まで月を見ても、綺麗だなぁとしか感じなかったので

 

 

 

このような事例があることに驚きました。

 

 

 

月恐怖症は意外といる?

 

 

 

月を見ると恐くなる月恐怖症って知らないだけで意外といるのかもしれません。

 

 

 

そこでSNSの書き込みについて調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

ツイッターで検索をかけると、意外と月恐怖症と書き込んでいる人がいました。

 

 

 

どういう風に恐いのかなどについては人それぞれだと思いますが、実際に月恐怖症の人は怒り新党で投稿した人以外にも結構いることがわかりました。

 

 

 

もし、今まで誰にも月の恐さをわかってもらえなかった人は安心して下さいね。

 

 

 

まとめ

 

 

 

今回、マツコ&有吉の怒り新党にて紹介された月恐怖症について調べてみました。

 

 

 

原因ははっきりとはわからないものの、月には陰の気があり、何か特別な力があるようです。

 

 

 

なかなか信じられないような話ですが、実際月恐怖症の人は意外にもいるので、信じるしかないですね。

 

 

 

他にも様々な恐怖症があるようなので、調べてみると面白いですよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ