村田諒太の判定負けはなぜ?八百長だとネットでは怒りの声が多数!

村田諒太選手の世界初挑戦が

惜しくも判定負けとなってしまい

WBAミドル級の王座を獲得する

ことができませんでした。

 

 

この結果にネットでは

「八百長だ!」

などの怒りの声が多数あり

納得していない人ばかりです。

 

 

スポンサーリンク

村田諒太とエンダムの試合結果

 

 

murata4

引用元:http://www.asahi.com/articles/ASK5N3SXFK5NUTQP013.html

 

 

WBAミドル級2位の村田諒太選手と

1位のアッサン・エンダム選手の試合は

判定となりその結果

 

(117-110)、(111-116)、(112-115)

 

となり1-2で村田諒太選手が

負けてしまいました。

 

 

これにより王座獲得はならずと

なりました。

 

村田諒太選手はエンダムからダウンを

奪うも判定負けとなり

かなり怒りの声があがっています

 

 

 

 

 

 

ちなみに、相手のエンダムは

 

「私の方がポイントを取っているとは思ったが、アウェーだし、確信はなかった」

引用元:http://www.nikkansports.com/battle/news/1826884.html

 

と話した後

 

「お互いにパンチは当たっていたけれど、よく考えると村田は1ラウンドに右が2、3発だけ。手数も、ジャブも、コンビネーションも自分の方が上回っていたのではないか」

引用元:http://www.nikkansports.com/battle/news/1826884.html

 

とジャッジが正当な判断を

していることを口にしています。

 

 

プロにしかわからないことも

あると思いますが

さすがに一般人から見ると

不当なジャッジだと思うのも

無理ないですね。

 

 

さらに

WBAのヒルベルト・メンドサJr会長

もこのジャッジに納得がいかず

再戦指令を出しています。

 

 

結局のところ

こういう審査で勝ち負けが

決まるスポーツは

人によって価値観が違うので

賛否両論あるものですね。

 

 

村田諒太の判定負けの理由

 

 

村田諒太が判定負けとなった理由は

わかりませんが

 

 

考えられるのは手数が少なかったこと

だと推測がたっています。

 

 

・やっぱ手数出さないと印象悪いんかなぁ

・ガードも大事だけど手数少なかったなあ

・あのスタイルだとKO以外勝てない

引用元:http://kinkameakb48.2chblog.jp/archives/17373472.html

 

 

たしかに手数が少ないと

審査員からの評価があまり良くない

ということもありえますね。

 

 

もちろんそれは審査する人の価値観

で変わってきますけど。

 

 

ただ、手数が多ければ多いほど

良いのかと問われれば難しいところも

ありますよね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

村田諒太も納得いっていない模様

 

 

村田諒太選手を応援していた人は

判定の時絶対勝ったと確信していた

のに負けてしまって納得いかないと

思いますが

 

本人も納得していないような表情を

見せていましたね。

 

 

村田1

引用元http://okutta.blog.jp/archives/15724657.html

 

 

村田2

引用元http://okutta.blog.jp/archives/15724657.html

 

 

村田3

引用元http://okutta.blog.jp/archives/15724657.html

 

 

この引きつったような笑顔が

見ていてとても辛いです。

 

 

本人も悔しいというより

なんで?

っていう感情の方が強そうですね。

 

KOなら白黒はっきりしていますが

判定となると難しいところが

ありますので

 

個人的にはKOになるまで

闘う方が良い気がします。

 

 

とりあえず

今回の事はあまりひきづらずに

村田諒太選手にはこれからも

ご活躍をしてほしいと願っています!

 

 

まとめ

 

 

村田諒太選手の世界初挑戦は

残念ながら判定負けという結果に

なりました。

 

 

ネットでも納得がいかない人が多く

全員同じ気持ちなんだなあ

という感じです。

 

 

村田選手自身も

納得いかない部分があるでしょうが

これからも応援していますので

頑張ってほしいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ