妊娠米がメルカリでバカ売れ!詐欺なのになぜ売れているの?

最近、フリマアプリのメルカリがとても人気ですよね。

 

 

いらなくなったものを気軽に売ったり、欲しいものが安く買えたりして若い世代を中心に流行っているアプリですが、

 

 

そんなメルカリで妊娠米という謎の商品が売られているそうです。

 

 

いかにも怪しい商品ですが、なぜ売れるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

妊娠米とは

 

 

ninnsinn

引用元:http://kinaco100.com/ninsinmai

 

 

妊娠米とは妊娠菌というものがついており、妊娠しやすくなる米だと紹介されています。

 

 

妊婦が普段使っている米には妊婦菌がついている、そんな迷信がなぜか巷で広まってしまったそうです。

 

 

メルカリでは「お米とともに妊娠菌をお届けします」というキャッチフレーズで販売されており、

 

 

販売数も1つや2つではなくたくさん販売されています。

 

 

値段は1合500~1500円で売られていますが、基本500円です。

 

 

6人の子持ちであることをアピールし、「強烈菌付妊娠菌」がついていると言ってより高価で売ったりするケースもあります。

 

 

他にも自分が妊婦であることを証明するために母子手帳や赤ちゃんがいる膨らんだお腹を写真で撮り、掲載するケースもあります。

 

 

妊娠米の使い方としては少量の袋に入れ、お守り代わりに持っていてもいいし、炊いてからおにぎりにして食べるのもいいみたいです。

 

 

ただ、もちろん妊娠米の迷信には科学的根拠が一切なく、妊娠菌というものの存在も認められていません。

 

 

さらに、妊娠米の品質性が保証されていませんので、ちょっと危険です。

 

 

妊娠米は詐欺なのになぜ売れるの?

 

 

冷静に考えれば妊娠米は詐欺だとわかりそうなんですが、一体なぜ売れてしまうのでしょうか?

 

 

それは、不妊症に悩む女性が藁にもすがる思いでついつい買ってしまうからなんです。

 

 

なかなか子どもができない人にとっては例え嘘かもしれないけど、もしかしたら本当に妊娠できるかも、

 

 

と可能性が1%でもあれば信じたくなるんですね。

 

 

学生時代に合格祈願のお菓子などを食べる感覚と少し似ていてとても気持ちがわかります。

 

 

人って悩んでいる時は大事な時何かにすがりたくなる生き物なんですよね。

 

 

気持ちがわかるからこそこのような詐欺行為を許せませんね。

 

 

しかもこの妊娠米、売る側の人が実際には妊娠していないのに妊娠していると嘘をついて販売している人もいました。

 

 

これは立派な詐欺だということで、メルカリはしっかりアプリ内を監視しているとのことです。こんな詐欺がなくなればいいですね。

 

 

妊娠米についてのSNSの声

 

 

そんな妊娠米についてすでにSNSではいろんな声が上がっています。

 

 

 

 

 

 

妊娠米を購入してしまう方の気持ちを理解している方が多くて

 

 

みなさんの優しさを感じました。

 

 

ただその分やはり不妊症で悩む人たちの気持ちを利用してお金儲けを考える人が許せませんね。

 

 

こういう人がいなくなればいいですね。

 

 

まとめ

 

 

今回大手フリマアプリのメルカリで妊娠米という妊娠しやすくなる米の販売が行われていました。

 

 

しかし、そのような科学的根拠はなく、まったくのデタラメなので信じないようにしてくださいね。

 

 

これから今回の件だけでなくまた新たな詐欺まがいの行為が見られるかもしれませんが、みなさんぜひ注意してください!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ