水素水を料理で使うとどうなるの?効果や効能まとめ!

最近、健康に気をつかう人たちの中で水素水が非常に人気がありますよね

 

 

ただ、水素水を買ってそのまま飲むだけではもったいないですよ。

 

 

実は水素水は飲む以外にも使い方がいっぱいあるんです。

 

 

そこで、今回水素水を料理で使った時の効果や効能、また、他の使い方についてまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

水素水とは

 

 

post_15145_h2o

 

引用元:http://biz-journal.jp/2016/05/post_15145.html

 

 

水素水とは、そのままで水の中に一定以上の水素(H2)が含まれているもののことを指します。

 

 

元々水の中に水素はあるのですが、より豊富に水素を含んだ水ということです。

 

 

水素の含有率については「ppm」という記号を使います。

 

 

老化や様々な病気の原因となる活性酸素を除去すると言われており、また、美容にも効果があるということで女性に大人気となっています。

 

 

水素水を選ぶときの注意点としては、高濃度の水素水を選ぶことです。

 

 

なぜなら、水素は原子の中でも極小なので製造時に水素を入れたとしても隙間から抜けていってしまうからです。

 

 

そこで、水素水を購入する際は高濃度水素水を選ぶようにしてください。

 

 

目安としては1.57ppm以上の水素水となっています。

 

 

ただ、毎回水素水を購入するのは少し高いかと思います。

 

 

そこで、水素水サーバーや水素水生成器を買ってみるのもありかと思います。

 

 

藤原紀香さんと片岡愛之助さんの結婚式の引き出物だった水素水生成器について書いたものが

 

 

藤原紀香愛用の水素生成器「マルーン」!性能や使い方は?

 

 

になっていますのでよかったら参考にしてみてください。

 

 

水素水を料理に使う効果や効能

 

 

今回は水素水をただ飲むのではなく、料理に使ってみたときの効果や効能について調べてきました。

 

 

まず、最初に野菜に使用すると野菜のシャキシャキ感が復活するんです。

 

 

野菜を買ったはいいもの、なかなか使わずに放置していると野菜が萎びれてしまうことってありますよね?

 

 

そんな野菜を水素水に漬けておくことで、野菜が新鮮さを取り戻します。

 

 

古くなって萎びれた野菜でも水素水があれば美味しい料理が作れるので、大変嬉しいですよね。

 

 

また、ご飯を炊くときにも水素水が活躍します。

 

 

これも野菜と同じように、古くなったお米も水素水で炊くとふっくらと美味しいご飯が炊けてしまいます。

 

 

古くなったお米ってどこか固い芯みたいなものがありますが、水素水を使うとそのようなものが気にならなくなります。

 

 

他にも、煮物を作る際に水素水がおすすめです。

 

 

水素水で煮物をつくることによって具材に煮汁がしっかり浸透するので、より美味しい煮物を作ることができます。

 

 

ちなみに、野菜もお米も古くなったものだけでなく、新鮮なものを水素水で料理してももちろん美味しくなりますので、ぜひ試してもらいたいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

水素水の他の使い方

 

 

水素水にはただ飲んだり、料理に使ったりする以外にも使い方があります。

 

 

実は洗顔をするにも水素水がおすすめなんです。

 

 

先程にも紹介したように、水素水は老化の防止や美容に良いと言われていますが、それは内部から摂取するだけでなく、外部からの摂取でも効果があります。

 

 

そのため、水素水で洗顔すると肌の老化が防止され、肌がすべすべになります。

 

 

また、水素水は人間にだけでなく、植物にも効果があります。

 

 

植物に与える水を水素水にすることで、植物がより活き活きと成長します。

 

 

植物の葉っぱなどはほとんど水分でできていることから、植物も人間と同じように水がものすごく重要な役割を担っているのです。

 

 

自家菜園などをしている方は水素水を使ってより美味しい野菜を育ててみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

 

 

今回水素水をただ飲むだけでなく、料理に使うとどのような効果が得られるのかについて調べてみました。

 

 

古くなった野菜やお米が新鮮さを取り戻し、より美味しい料理を作ることができることがわかりました。

 

 

また、料理だけでなく、洗顔に水素水を使用することで肌の調子が良くなったり、植物に与えると活き活きと成長したり、水素水の使い方は様々ですので、ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ