【2016】台風19号20号が接近?予想進路など最新情報まとめ!

今年の最初の台風は7月3日と例年よりも台風の発生が遅かったのですが、8月9月とかなり多くの台風がやってきました。

 

 

 

そして10月には台風18号が日本へ上陸しました。

 

 

 

しかし、5日の21時頃に日本海で温帯低気圧に変わり一安心、、

 

 

 

と思いきや、台風19号20号のたまご(熱帯低気圧)が発生したとの情報がありました。

 

 

 

今回、台風19号20号の予想進路など最新情報を書いていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

台風19号の進路

 

 

 

taihuu

引用元:http://matome.naver.jp/odai/2141292629428722901

 

 

 

台風19号のたまごはフィリピンの東付近で発生し、中心気圧1002hPaで西の方角に25km/hで進んでいます。

 

 

 

このまま進むとベトナムの方角に進んでいく模様です。

 

 

 

こちらに台風19号の気象情報がのっています。

 

 

 

画像上の「c」と書かれているところが台風19号の場所です。

 

 

 

上のサイトは気象庁によるものですが、現在10月6日の0時頃では中心付近の最大風速は15m/s(30kt)です。

 

 

 

まだ、台風ではありませんね。

 

 

 

しかし、7日の00時には中心付近の最大風速が18m/sとなり、台風に代わります。

 

 

 

また、ヨーロッパEMCWFによると6日の18時頃には中心付近の最大風速が18m/sになり、台風に代わると予想しています。

 

 

 

ただし、ヨーロッパEMCWFの気象情報は10日先まで予想するため、今後変わってくる可能性ももちろんあります。

 

 

 

ちなみに、熱帯低気圧の風速が17.2m/sを超えると台風に変わります。

 

 

 

台風20号の進路

 

 

 

一方で、先ほどのサイトに載っていて「a」と書かれていたのが台風20号のたまごです。

 

 

 

こちらにもう一度貼っておきます。

 

 

 

ウェーク島近海に位置している熱帯低気圧aは中心気圧1006hPa、西方向に25km/hで進んでいます。

 

 

 

現在の中心付近の最大風速は15m/sということで、まだ台風ではありませんね。

 

 

 

しかし、7日00時における予想では中心付近の最大風速が18m/sいうことで、台風に代わります。

 

 

 

また、ヨーロッパのEMCWFでは、8日に台風として発生すると予想しています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

日本への影響は?

 

 

 

台風19号20号が日本に影響を及ぼすのでしょうか?

 

 

 

台風19号に関しては、フィリピンの東付近から西の方角のベトナムの方向に向かっているため、ほぼ確実に日本に影響を及ぼさないでしょう。

 

 

 

台風20号に関しては、ウェーク島近海から西の方角に進んでくるために、日本に影響を与える可能性があります。

 

 

 

しかし、ヨーロッパのEMCWFによると、12日付近でUターンしていくと予想しているので、この場合は日本への影響はありません。

 

 

 

1475660570lihmfbhn5tik9vm1475660567

 

引用元:http://www.ecmwf.int/

 

 

 

しかし、先ほども書いたようにヨーロッパのEMCWFは10日先まで予想しているため、これから変わることも十分にあります。

 

 

 

まとめ

 

 

 

台風18号が温帯低気圧に変わって一安心と思ったところにやってきた台風19号20号。

 

 

 

予想では、日本への影響はないと考えられますが万が一の事を考えて、毎日天気予報だけでなく、台風情報もチェックするようにして下さい。

 

 

 

こちらが気象庁の公式サイトとなっているので、よかったらどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ